北京冬季オリンピック

「銅」メダルばらせば「金」と「同」じもの

 北京冬季オリンピックが始まった。フリースタイルスキー男子モーグルで今大会の日本勢第1号のメダルとなる銅メダルを堀島行真が獲得した。

 今回同様、メダル候補として臨んだ前回平昌ピョンチャン大会は、決勝2回目で敗退。つらい4年間を過ごしたそうだ。

 結果は天気のようなものでどう変わるか分からない。本命がオリンピックでそのまま結果を出すのは至難の業である。

 一方、同じく期待されていたスキーのジャンプ女子ノーマルヒルの高橋沙羅は4位、スピードスケート女子3000メートルで高木美帆は6位だった。「銀」は「金」より「良」い、「銅」は「金」と「同」じと言った人がいる。4位も6位も入賞に変わりはないのだが....。