ファイザーV.S.モデルナ

モデルナを打ってくれよと国が言い

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を巡り、各自治体が米モデルナ製ワクチンの活用に頭を悩ませています。

 モデルナ製は副反応の報告が目立つことなどから、各地で米ファイザー製の希望者が集中しているためです。

 厚生労働省のデータでは、交互接種により抗体価の上昇が示唆されています。3回とも同じワクチンを打った場合、3回目を接種する前と比べた抗体量は、ファイザー3回では20.0倍、モデルナ3回では10.2倍に上昇します。

 一方、「ファイザー・ファイザー・モデルナ」の交互接種は31.7倍、「モデルナ・モデルナ・ファイザー」は11.5倍と、より多くの抗体価の上昇を認めます。モデルナ製のワクチンの需要を高めたいなら「副反応の低下の可能性」よりも「交差接種の効果」を強調した方が良さそうです。